【必見!】ホームベーカリーを買ったら合わせて購入したいものリスト

いろいろなパンのイラスト

ようこそ我が家へ。さちこです。

ずっと迷っていたホームベーカリーを購入してから、早4ヶ月。
基本的な使い方はだいたいマスターし、ホームベーカリーで焼いた食パンがすっかり我が家の定番となってきました。
www.sachikopan.com

ホームベーカリーを使って、さっそくパン作り♪

と、ちょと待ってください!実はこのパン作りには、ホームベーカリー以外にも必要なものがいくつかあるんです。

今回は、ホームベーカリーを買ったら合わせて購入したいものをご紹介していきたいと思います。

パンナイフ

これは、あったほうがいいです。切れ味が、全然違います。
というのも、私は最初、パンナイフを用意していなかったんです 。普通の包丁でも、よく切れるものならいけるんじゃないかなーって。

ですが、いざ切ってみると。

えっ、全然切れない!!!包丁が全然パンに入っていかない!!


焼きたてのときなんか、もう論外。ただただ、パンが包丁によって押しつぶされていくだけ。食パンが、どんどん悲しい姿になっていきます・・・。
パンが冷めた状態になって、やっと包丁が入っていくという感じ。
それでもなかなか思うように切れず、結果的にガタガタ、ボロボロの断面に・・・。

やっぱりパンナイフは必要だ!急いで購入し、さっそく使ってみました
いやー!パンナイフの切れ味は、本当にすごい
ほとんど力を入れなくても、ナイフを小刻みに動かしながらパンに滑らせていくだけで、あっという間に切れてしまいます!
もっと早くに購入しておけばよかったです。食パン2枚

パンスライサー

こちらも、あるととても簡単かつキレイに食パンをスライスすることができる ので、購入しておいて損はないです。
一斤の食パンを、同じ厚さで6枚や8枚に切るということ。実はこれって、結構至難の業なんです。
特に焼きたての食パンは、水分量が多く、とても柔らかい ので、切ろうと思ってもうまく切ることができません。
切れたとしても、真っすぐに切れず厚さが違ってしまったり、断面がガタガタになってしまったり・・・。

パンスライサーは、そんな困ったを解決してくれる、とても便利な道具なんです!

使い方は簡単!切りたい枚数(6枚切りや8枚切りなど)にセットして、あとはガイドに合わせて包丁を入れて切っていくだけ。

こちらが、我が家で使用しているパンスライサー。
パンスライサー

ヨコ切りタイプで、焼きたての食パンも、潰すことなくキレイにスライスしていくことができます
スライサーなしで食パンを切っていた時は、

  • 真っすぐに切っているつもりなのに、だんだん斜めになっていっちゃう・・・。
  • 1枚1枚厚さが違ってしまって、「次女ちゃんのパンの方が分厚くてずるい~」と長女からクレームが入る。
  • 朝ごはんがガタガタ、ボロボロの断面のトースト・・・。(みんなごめん!)

斜めにならないように、厚さが均等になるように、キレイに切らなくちゃ・・・。失敗したらみんなの朝ごはんがないぞ・・・!

とプレッシャーを感じながら全神経を集中させて作業すると、ものすごい時間をパンスライスに費やすことになって、忙しい朝には致命的・・・。

パンスライサーを使うようになってからは、本当にスピーディーに、そしてキレイに切ることができるようになり、私もパンスライスへのプレッシャーから解放されました(笑)

キッチンスケール

パンを作る際に大切なこと。それは計量です。材料をそれぞれきちんと計量してホームベーカリーにセットしていくことが、おいしいパンをつくることに繋がります。強力粉やバターなどを計量する際に必要になってくるのが、キッチンスケールです。もしないようでしたら、忘れずに用意しておきましょう。キッチンにひとつあれば、パン作りだけでなくお菓子作りなどにも役立ちますし、使用頻度は高いはず!

部分用洗浄ブラシ

こちらは、お手入れ部門から。
ホームベーカリーには、中にパンケースという炊飯器でいうところのお釜のようなものがあり、そこに強力粉やバターなどの材料を入れ、パンを作っていきます。
そのパンケースの底には、パン羽根というものがついています。
このパン羽根がパンケースの底でくるくると回転していくことで材料を混ぜ合わせていくのです。
とても大切なパーツですね!

さて、このパン羽根。
パンケースの中で一生懸命お仕事をしてくれるので、使用後は結構生地がくっついていて、汚れています

しっかりとお手入れする必要があります。小さくて細かい部分なので、部分用の洗浄ブラシなどがあると便利!

我が家は、水筒やマグのストロー部分を洗浄するためのブラシを使用しています。100円ショップなどに売られています!

めん棒

こちらも100円ショップで購入できます。
パン生地を作ってバターロールやクロワッサンを作るときなど、生地を薄く伸ばす際に使用します

こね板

こね板とは、パン生地などを成形する際に使用する板のことですが、こちらは大きめのまな板などで十分代用可です。我が家は100円ショップに売られている、プラスティック製のシートで代用しています。パン作りのほかにも、クッキー生地の型抜きの際にも使えて、便利ですよ!
プラスティック製のシート
ピザ生地などは、結構大きく伸ばすので、出来るだけ大きめサイズがおすすめです。

クッキングシート

普段からお菓子作りなどをされるご家庭でしたら置いてあるものかと思いますが、念のため。
食パンを焼くぶんには必要ありませんが、バターロールや菓子パン、ピザなどをオーブンで焼く際に使用します。

憧れのホームベーカリーで、楽しい手作りライフを!

いかがでしたか?
憧れのホームベーカリー。どんなパンを焼こうか、考えただけでもワクワクしてきますよね♪

早く作ってみたい!けど、いざ作ろうと思ったら、アレがなかった・・・!
なんて慌てないためにも、ホームベーカリーを購入したら、上記のものを参考に、事前にしっかりと準備をして、パン作りを楽しんでくださいね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました