その使い方、もったいない!ぬり絵の節約術とおすすめクレヨン、教えます!

ようこそ我が家へ。さちこです。

 

先日、長女の幼稚園のお友達がおうちへ遊びに来てくれました。

f:id:sachikopan:20200128155433j:plain
あー、ぬり絵がある!私もぬり絵、したーい!

棚に置いてあったぬり絵の本を見つけたAちゃん。

f:id:sachikopan:20200202230024p:plain

あ、それは長女ちゃんのぬり絵だから、使っちゃダメだよ~

f:id:sachikopan:20200202230129p:plain

全然平気だよ!どの絵がいい?

(そのページをコピーして、Aちゃんに渡した私。)

すると、そんな私の行動を見ていたそのママ友が、

f:id:sachikopan:20200202230231p:plain

え!?それ、いい!そっか、そうやってコピーして使えばいんだね!!!

目から鱗のような顔をしたあと、嬉しそうに言っていました。あれ?こうやって使うのが普通だと思っていたけど・・・これって、変だった?(;^_^A

 

この記事を読めば分かる!

 

  • ぬり絵は原本をコピーして使うべし!
  • 小さいぬり絵も、拡大コピーすれば立派なぬり絵になる!
  • おすすめのクレヨンはクーピーペンシル!

 そのままぬり絵をするの、ちょっと待った!

子どもたちの大好きなぬり絵。

次女(2歳)は、まだ単色を紙全体にグルグルグル~って感じの段階ですが、

長女(4歳)くらいになると、はみ出さずに細部まで塗っていくことができるようになってきます。配色にもこだわってキャラクターを忠実に再現しようとする姿も見られます。

男の子、女の子、お絵描き

けど、当たり前ですが、一度塗ってしまったら、それでおしまい です。

長女が2歳か3歳のとき、アンパンマンのぬり絵の本を買って、渡しました。

すると長女は喜んでクレヨンを握り、ぬり絵を始めたのですが、

本当に一瞬で、1冊塗り終わりました

いや、塗り終わるというよりは、描き終わる?のほうが正しいでしょうか。

  • アンパンマンの上を、青色でグルグルグル~、はいできた!
  • 次はしょくぱんまんの上を、同じく青色でグルグルグル~、できた!

そんな感じで、本当にあっという間に。

いやいや、これも成長過程

  • 最初はクレヨンを握ることができなかったのが、握力がついてクレヨンを握れるようになった。
  • 最初は点しか描けなかったのが、線を描けるようになった。

長女なりに、今出来る技術を駆使して 、一生懸命塗ったんです。娘のことを否定する気持ちは、全く、本当に、一切ありません

でも・・・どうしても、思ってしまいました。

f:id:sachikopan:20200202225904p:plain

うーん、もったいなかった。いきなり1冊渡すのは、まだ早かった・・・。

今の長女くらい、色合いも考えながらしっかりと塗り込んでくれれば、一枚完成させるのにもある程度の時間を費やしますし、頑張って塗ってくれたな~とこちらも満足感を得られるのですけどね。

ぬり絵の本は原本として取っておこう

そこで考えたのが、コピー作戦です。

  • ぬり絵の本には直接塗らずに、原本として取っておく
  • そこから塗りたい絵を選んで、コピーしたものを渡してあげる。
  • そうすれば、同じ絵で何回でもぬり絵を楽しむことができます!
  • 毎回コピーするのが手間であれば、一度にまとめてコピーして、箱やファイルに入れておけば、好きな時に取り出してぬり絵ができますね。

くまの塗り絵、くれよん3本

ちなみに我が家の、コピーぬり絵。裏紙 を使ってコピーしてます。

幼稚園などでもらってくるプリント、裏が白紙のものが結構あるので、いらなくなったら裏紙として取っておき、その紙にぬり絵をコピーして再利用するのです!

コピー用紙代が浮きますし、何よりエコ♪ですよね!

一冊のぬり絵の本で半永久的に塗り絵ができます

子どもたちがそのぬり絵に飽きなければの話ですが(笑)。

けど、本屋さんなどに売っているぬり絵の本であれば、一冊でけっこうページ数ありますし、なにより直接塗り込むよりは、はるかに長持ちするのでおすすめのやり方です!

女の子には、やはりプリンセス系は人気ですね♪

プリンセスは、ドレスなど細かく色塗りできる箇所 が多く、しっかりと塗り込めますし、好きな色合いで塗ったり、仕上がりもかわいくて、楽しめます!

男の子で恐竜好きでしたら、こちらなどはいかがでしょう?キャラクターものはその時その時で好みが変わることがありますが、恐竜なら、少し大きくなってからも飽きずに使えるかも!?

\好きなキャラクターのぬり絵を探そう♪/

Amazonでぬり絵を探す

楽天市場でぬり絵を探す

少し大きくなったらおすすめ!まんだら塗り絵

そして、こちら。長女が年長くらいになったら、買ってあげたいなあと思っているぬり絵。まんだらぬり絵です。

かなり細かい、繊細なぬり絵です。一枚完成させるのに、それなりの時間を費やしそうですね。集中力や手先の器用さ、配色を考えるセンス など、様々なチカラが身につきます。大人にもおススメのぬり絵です!

\子どもも大人も楽しめる♪まんだらぬり絵/

Amazonでまんだらぬり絵を探す

楽天市場でまんだらぬり絵を探す

 おすすめクレヨン!

おすすめのぬり絵を紹介したついでに、クレヨンのことも少し・・・。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

ぬり絵、何で塗りますか?色鉛筆?クレヨン?

色鉛筆は、先が削れるので細部まで塗りやすい反面、何度も落としたりしているうちに中で芯がボキボキになり、削っても削ってもすぐ折れる・・・。

発色の良さはクレヨンが一番なのですが、クレヨンだと太くて、細かい部分が上手く塗れないことも・・・。

そんな悩みを解決してくれたのが、こちらのシリーズ。

クーピーペンシル

色鉛筆のように先が削れるので描きやすく、クレヨンのような描き心地

まさに両方のいいとこどりをした理想の色鉛筆!

芯が柔らかいので、塗りやすさも抜群です。我が家でも、絶賛愛用中です!

こちらがスタンダードの12色入りタイプ。

小さなお子様も握りやすい、三角タイプもあります。

なんと30色入りも!何色で塗ろうか、迷っちゃうくらいのカラーの豊富さですね♪

小さなぬり絵も拡大コピーすれば立派な塗り絵に!

チラシや情報誌などの隅に小さなぬり絵が載っていること、たまーにありますよね。

先日長女が幼稚園でもらってきた、映画『おかあさんといっしょ』の特別優待割引券。こちらの裏面に、がらぴこぷーの小さなぬり絵がついていました。

f:id:sachikopan:20200202225904p:plain

大好きながらぴこぷーのぬり絵。けれど、小さいし、一枚しかない・・・。

はい!そこで出番となります、コピー作戦。今回は拡大コピーという応用編(笑)。

するとどうでしょう・・・、ただの小さなおまけのぬり絵が、立派なぬり絵に

しかも2枚コピーすれば、姉妹のけんか勃発も防げます!←これ、重要です。

がらぴこぷーの塗り絵

f:id:sachikopan:20200202230129p:plain

コピーのおかげで、姉妹仲良くぬり絵を楽しむことができました♪

ちなみにこちら、我が家のプリンター。

プリンター、プリンター収納ボックス

このプリンターの収納ボックス。ずっと作りたくて、最近ようやくDIYしたものです!

2枚の板材とキャスターがあれば作れてしまい、本当に簡単に出来ました。近いうちにこちらで作り方などご紹介できれば・・・と思っています。

 

 追記:プリンター収納ボックスの作り方、アップいたしました!

合わせて読みたい!

 

www.sachikopan.com

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事のまとめ

 

  • ぬり絵はコピーして使うと何回でも塗れてお得&節約に!
  • まんだらぬり絵は子どもはもちろん大人にもおすすめ!
  • 色塗りにおすすめなのはクーピーペンシル。
  • 小さい塗り絵も拡大コピーすれば立派なぬり絵に。

我が家のぬり絵の節約術、ご参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました