おもちデビューは何歳から?初めておもちを食べる際の注意点まとめ

f:id:sachikopan:20200203001503j:plain

ようこそ我が家へ。さちこです。

お正月。お雑煮や焼いたおもち、おしるこなど、おもちを食べる機会が多くなる時期ですね。

柔らかくてとってもおいしいおもちですが、小さいお子さんには飲み込みにくい食材でもあるため、初めて与える際には、注意が必要 です。

こんな方におすすめ  

  • おもち、ちゃんと噛んで食べられるかな・・・
  • のどに詰まらせないか心配・・・
  • どのくらいの年齢から食べさせはじめるべき?

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

我が家の2歳の次女も、今年のお正月にお雑煮でおもちデビューしました。その様子を交えながら、お子さんに初めておもちを食べさせる際に注意する点 をお伝えしていきます。

おもちデビュー!年齢は?

これは咀嚼力など個人差もありますので、一概には言えませんが、我が家は2人とも、2歳を過ぎてからのデビューにしました

お子さんの普段の食事の様子を見て、判断してくださいね。

子どもがスプーンとフォークを持って笑っているイラスト

おもちは煮る前に小さく切る

市販の切りもちを食べる際、柔らかく煮てから小さく切ろうとしても、おもちが包丁にくっついてしまって切りにくいです。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

硬いままの状態だと包丁で簡単に切ることができるので、先に切っておくことをおすすめします!

小さくしすぎてもいけない!

のどに詰まらせてしまわないよう、なるべく小さく、ひとくちサイズに・・・

と思いがちですが、あまり小さく切りすぎてしまうのも危険です。

小さいひとくちサイズにしてしまうと、噛まずにそのまま飲み込んでしまう場合があるからです。

柔らかいものでもしっかりと咀嚼してから飲み込む、という習慣を身に付けることも大切です。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

大きすぎもよくないけれど、適度にしっかり噛んでから飲み込めるようなサイズに!ってことですね。

柔らかく煮て食べさせる

鍋に湯をわかし、小さく切ったおもちを入れて、柔らかくなるまで煮ます

ここで注意点!  

なるべく柔らかく・・・と思って煮すぎると、おもちが小さければ小さいほど、すぐにトロトロに溶けてしまいます

以前、鍋におもちを入れて、ちょっとその場を離れたことがあったのですが、戻ってきて鍋の中を見ると、

f:id:sachikopan:20200202230941p:plain

あれっ!?おもちが、ない!

おもちが溶けてなくなっていたことがありました(笑)

こんなことにならないよう、ちょうど良い柔らかさになるまで、目を離さないことをおすすめします。

小さく切った餅を鍋で煮る

食べている間も、目を離さない

小さく切ったし、柔らかくしたから、これで大丈夫!と油断は禁物。

  • あまり噛まずに飲み込もうとする
  • 口に入っているのに次のおもちを食べようとする
  • 一気に2つ食べようとする

ヒヤリとするような食べ方をするかもしれません。

f:id:sachikopan:20200202230941p:plain

ちなみに次女は、全部やりました・・・。本当にヒヤリとしました。

長女はとても慎重派なので、よく噛んで、ゆっくりと飲み込んでから、次のひとくち・・・という感じだったのですが、

次女は食べるのが大好きだからか、おもちでも何でも、バクバク口に入れてしまいます(;^_^A

おもちを食べているときは、必ずお子さんのそばで、見守ってあげていてくださいね。

お雑煮に入れるおもちを、ほかのもので代用

お雑煮を食べさせたいけど、おもちはまだ心配・・・というお子さまには、おもちをほかのもので代用するのがおすすめです!我が家では長女と次女がそれぞれ1歳のときには、以下のようにして食べさせていました。

すいとん

小麦粉に水を少しずつ加え、耳たぶくらいのかたさになったら、お子さんの食べやすい大きさに丸め、沸騰した湯の中に入れます。しばらくすると浮かんでくるので、取り出し、おわんに入れ、その上からお雑煮の汁をかけるだけ!

かたくり粉+牛乳で牛乳もち

こちらはおしるこに入れるとおいしいです。

かたくり粉25グラム、砂糖25グラム、牛乳200ミリリットルを鍋に入れ火にかけ、とろみが出てくるまでひたすらヘラなどでかき混ぜます。容器に移して、冷蔵庫で冷やし固め、お子さんの食べやすい大きさに切り分ければ、牛乳もちのできあがり。

これをおしるこの中に入れます。こちらは牛乳もちのレシピなので、おしるこに入れる際には少し甘さを控えてもいい と思います。お好みで砂糖の量を調節してくださいね。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

単体で食べてもとてもおいしい牛乳もち。おやつにもおすすめです!

お雑煮を食べて少しでもお正月気分を♪同時に、大人と同じものを食べているという嬉しさ も味わえると思います。

親子3世代で食事するイラスト

まとめ

いかがでしたか?

おもちは、のどに詰まらせると窒息事故へとつながることもある、小さいお子さんだけでなくご年配の方にも注意が必要な食べ物です。

今回の記事のまとめ!  

  • おもちデビューの目安は2歳を過ぎてから。しかし、個人差があるためお子さんの普段の食事の様子を見て判断すること。
  • おもちは柔らかくする前に切っておく。おもちのサイズは、小さすぎても大きすぎてもNG。
  • 柔らかく煮てから食べさせる。煮すぎに注意!
  • 食べている間も、子どもから目を離さない。
  • おもちをほかの食材で代用するのもアリ。

少し手間ですが、安全におもちデビューができるよう、しっかりと準備をしておきたいですね。

また、この記事はあくまでも我が家を参考に 書いたものです。

咀嚼力や飲み込む力には、個人差があります。お子さんの様子をよく見ながら、進めていってくださいね。

なお、万が一、窒息事故が起きてしまっても、当ブログでは一切の責任を負えませんので、その点ご了承ください。

りすが頭を下げるイラスト

f:id:sachikopan:20200202230129p:plain

お正月、みんなで同じものを食べれば、さらに楽しい1年のスタートを切れそうですね!

皆さんにとって、よい一年の幕開けとなりますように

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました