プチプラなのに優秀!ワセリンとユースキン|用途に合わせて使い分け

f:id:sachikopan:20200126012737j:plain
我が家へようこそ。さちこです。

乾燥した冬は、手荒れの時期でもありますね。特に水仕事を頻繁に行う主婦にはマストアイテムのハンドクリーム。

手が乾燥してきたから、ハンドクリームを買おうと思ってドラッグストアに行くと、ずらっと並んだハンドクリームの数々。

f:id:sachikopan:20200202225804p:plain

一体どれが効くの?どれを選べばいいの?

どうせ買うなら効果があるものがいいな。けど、たくさんありすぎて、分からない!!

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

そんな悩めるあなた!ぜひこのページをご覧ください!

 

 年齢とともに移りゆく、ハンドクリームを重視するポイント

いい香りのハンドクリームって、塗るだけで癒されますよね。独身時代、友達や仕事の同僚がいい香りのハンドクリームを塗っていると、どこのか聞いて自分も買ったり。若い頃は、ハンドクリームはダントツ香り重視でした。しかし、

f:id:sachikopan:20200202225904p:plain

主婦になった今は香りは二の次!いかに手荒れに効くかがイチバン!・・・あれ?なんか、女子力下がってきてますかねぇ、私(笑)

歳を重ねるたびに、乾燥してくる指先

手や指先の乾燥。若い頃は、あまり気にしなかったと思うんです。

スーパーのレジの近くにある、小さくて丸いスポンジに水を含ませたようなもの。分かりますか?調べたら、海綿(かいめん)というそうです。

若い時は、あれって何のためにあるんだろう?くらいに思っていたんです。

それが数年前から指先が乾燥するようになると、スーパーでも問題が発生。

f:id:sachikopan:20200202230941p:plain

指がカサカサしていて、ビニール袋が開けられない!!

それ以来、すっかり海綿に助けられております。自分の年齢を感じずにはいられない出来事でした・・・。

泣くほど痛い、指先のぱっくり割れ

それまではあかぎれ程度の手荒れだったのですが、指先が乾燥するようになり、指先がぱっくりと割れてしまうように!

これ、本当に痛いんです。特に指先を使うとき。

ボタンを掛けたり、何かを開けたり、頭を洗ったりと、何かと使うことの多い指先。そのたび、激痛が走るのです・・・。ひどいときは、ちょっと涙が出ます。

おすすめ①ワセリンが万能!

我が家に眠っていた、大量のワセリン

ちょっと話が変わって、数年前。

次女が離乳食を始めて少し経った頃、便秘気味になってしまい、病院へ行くとワセリンを処方されました(おしりに塗ることで、切れた皮膚の保護と、排便する際の潤滑剤としての役割を果たしてくれるとのことでした)。

その後便秘は解消されましたが我が家には大量のワセリンが残りましたーーー。

 

話を戻します。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

今年こそは、ぱっくり割れを防ぎたい。ひどくならない前に、ハンドクリームを買ってきて、ケアを始めなきゃ!

とそのときに、ふと思い出したのです。そのワセリンの存在を

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

保湿力が高い から手とか顔とか乾燥が気になる場所に塗ってみてって、言ってたなぁ・・・!

 その言葉を信じて、引き出しの奥底にしまってあったワセリン を取り出してきました。

実際に塗ってみると・・・

手に塗ってみると、やはり始めはべたつきが気になりますが、そこで手を止めないで!そのまましばらくなじませていると、あるとき、それまでの「ベタッ」が、「サラッ」に変わるんです。そうしたらなじませ完了です。

カサカサだった手は、かなりしっとりとした感じになりました。

塗る際のポイントは、つけすぎないこと 。少量を手に取り、なじませるようにします。

手以外の場所にも!オールマイティなワセリン

ガサガサのかかとや、冷たい北風に当たってカサカサになってしまった唇や顔まわり。赤ちゃんから大人まで、ありとあらゆるところに使え、家庭にひとつあるとかなり重宝します!

ワセリンは手荒れを『治す』のではなく、お肌を『守る』ためのもの

ワセリンの成分は、石油です。

ワセリンは油性の保湿剤で、皮脂の代用として用いられます。本成分は皮膚表面からの浸透性は少なく、角層上に皮脂膜を構成することで、水分の蒸発を防ぎ角層水分量を維持します。本成分は、皮膚表面を保護すると同時にお肌を乾燥から守ります。しかし、ワセリンは角層内には浸透していきませんので、表皮角層内で水分を蓄える役割を果たしている皮脂やセラミド成分やその他の皮脂に含まれる油分を同時に補給してあげることが大切です。

(大洋製薬株式会社より引用)

つまり、ワセリンは手荒れを『治す』のではなく、使用することで肌を乾燥から『守る』ためのものワセリンを塗る=フタをして潤いを閉じ込める。つまり、化粧水や保湿液を塗った上からワセリンを塗るのがより好ましい使い方 、ということなのですね!

効果は?

日中、手のかさつきが気になるときと、毎晩、寝る前に使用しています。ここ数年必ずできてしまっていたパックリ割れが、今年は一つもできていない!これは紛れもなくワセリンのおかげだと思っています。本当にすごい保湿力。そして肌に優しい。これは自信を持っておすすめできます!

 

おすすめ②ユースキン

では、すでに手荒れがひどく、なんとかしたい!という場合には?

そんなとき、薬用ハンドクリームの中からおすすめしたいのが、ユースキン です。

黄色いクリームが特長的なユースキンA

特長

* ビタミンB色(黄色)のクリームです。
* 保湿力を高め、水分が保たれたやわらかで健康な肌に。

(ユースキン製薬株式会社より)

 なるほど、ビタミンの色だったんですね!

ひどい手荒れで痛々しい夫の手

もともと手が荒れていたことに加え、乾燥から来るかゆみに我慢できず掻いてしまい、その傷も合わさって、出血を伴う手荒れを起こし、痛々しい手になってしまった夫。

しばらくワセリンを塗っていましたが、

f:id:sachikopan:20200202230105p:plain

ここまで荒れてしまったら、もう薬用クリームのほうがいいのでは?

ということで、このユースキンAを購入しました。

なぜユースキンAにしたかと言うと、

・ママ友の間で「効く!」と評判が良かった

・たっぷり入っていてお得感がある

・お手頃な価格

ハンドクリーム、種類も豊富ですが、価格もピンキリ。高いものだと3000円近くするものも・・・。

そりゃあ、それだけの価格設定をしているのだから、きっと効果もかなりのものなのでしょうけど、ハンドクリームにそこまで出せない・・・。

節約主婦としては、プチプラなのに優秀というのが必須条件です。

ユースキンAは、まず価格の面でクリア。効果については使用してみないと分かりませんが、周りでの口コミは上々です。あとは実際使用してみてどうか。

実際に使用してみると・・・

手に塗ってみると、ワセリン同様、ややべたつきが気になります。が、しばらく塗り込んでいくと、こちらもあるとき「ベタッ」が「スルッ」に変わる瞬間があります

これが塗り込み完了のサイン。カサカサしていたときのツッパリ感が消え、サラサラすべすべ!このしっとり感、とても気持ちがいいです。

使い始めて、2週間。効果は?

夫もさっそく塗ってみました。すると、「痛い!」と。

え?調べてみると、傷があるとしみることがあるそう。夫の手には、掻きむしった傷があったため、しみたのだと思われます。まあ、仕方ないですね。

しばらくユースキンを塗り続けます。会社にも持って行ってました。

そして1週間ほどすると徐々に効果が出始め、2週間後の現在、かなり治ってきています。毎日こまめに塗っているので、減りが早いかと思いきや、

f:id:sachikopan:20200202230129p:plain

あれ、全然減ってない!?まだまだたっぷり入ってる♪

ケチケチ使わなくてもいい、このたっぷりサイズ。嬉しいですね!家族みんなで使えます。

価格、容量、使用感、効果のすべてにおいて、大満足の結果となりました!

ハンドクリーム×手袋でさらに効果アップ!

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

寝る前にハンドクリームを塗ったうえから手袋をすると、翌朝、よりしっとりした指先に!

ハンドクリームを塗ってスマホを触るとべたつきが気になること、ありますよね。そんなべたつき予防にもなります。大きめサイズなので男女問わず使用できます!

まとめ

保湿力に優れ、使用することで肌を乾燥から『守る』ことができる、ワセリン。

手荒れがひどくなってしまったときに、薬用としての効果が期待できる、ユースキン。

我が家では、この2つを使い分けていこうと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

  1. kabutoga2 より:

    ええね(^_^)

  2. sachikopan より:

    id:kabutoga2
    ありがとうございます(#^^#)

タイトルとURLをコピーしました