手紙のやりとりで急成長!ひらがなの読み書き、覚え方とおすすめ練習法

f:id:sachikopan:20200130223640j:plain

ようこそ我が家へ。さちこです。

3歳を過ぎると、少しずつ出てくるひらがなのこんな悩み。

  • 他の子はもうひらがなが読めるのに、うちの子はまだ読めない・・・
  • ひらがなに興味を持たない・・・
  • どうやって教えればいいの?どうやったら覚える?

読める・読めない、書ける・書けない、と『できる』『できない』がはっきりしているため、周りの子と比較しやすく、「うちの子は・・・」とついつい気になってしまうママも多いのではないでしょうか。

今回は、ひらがなに興味を持たせるきっかけ作りや覚え方のポイント楽しみながら字を書く練習の仕方について、考えていきましょう!

どのくらいで身に付ければいいの?

これには個人差がありますし、何歳までに必ず身につけなければいけない!なんていう決まりはないですので、あくまで目安としてですが、私が保育士や幼稚園教諭として子どもと関わっていたときは、以下を目安にしていました。

  • 3歳児:ひらがなに興味を持つ
  • 4歳児:ひらがなが読めるようになり、少しずつ書き始める
  • 5歳児:書き順なども含め正しいひらがなが書けるようにしていく

小学校に上がるまでに、完璧でなくとも読み書きができるようになっていればオーケーというスタンスです。

どうやって覚える?

まずはひらがなに興味を持つこと

子どもは、「やってみたい!」「知りたい!」と興味を持ったものに関しては、ものすごい集中力と記憶力を発揮し、どんどん吸収をしていきます。

逆を言えば、興味を持っていないものには、全く関心を持たないし、身にも付かないということなんです・・・。

親がひらがなを覚えさせたくて必死になっても、子どもが興味を持っていなければ、結果はあまり出ないのね・・・。

 ひらがなの「読み」覚え方の工夫あれこれ

f:id:sachikopan:20200113013128j:plain

とりあえず、ひらがな表を貼ってみた。けれど・・・

ひらがなを覚える=ひらがな表、ですよね。

我が家も長女が3歳になった頃、そろそろひらがなに興味を持ってもらいたいなと、リビングの壁にひらがな表を貼りました。

これを貼っておけば、ひらがなに興味を持ってくれるかな・・・。あわよくば、覚えてくれるかな!?

なんて思いながら。

けれど、甘かった・・・。

貼った当初は「これ何?」「あひるの、あ?」なんて言いながら見てましたけど、それは新しいものへの好奇心だったようで。しばらくすると、完全スルー!!

張り切って貼ったひらがな表は、ただの貼り紙と化してしまったのです・・・。

貼る場所が問題だった!

うーん、どうして見てくれないんだろう。考えた結論が、これでした。

ただその辺に貼るだけでは弱かった。ひらがな表を貼る場所こそが大切だった!

ひらがな表は、毎日必ず目にするであろう場所へ貼る!

子どもの記憶力って本当にすごくて、毎日目にしているだけでいつの間にか覚えてしまっていること、ありませんか?だから、ひらがな表も、毎日目にするところに貼っておけばいいのでは?と考えたのです。

で、毎日必ず目にするところに貼ってみました。トイレの壁です

便器に座ったときに、ちょうど目の前にひらがな表が来るように貼ってみました。そしてしばらく長女がトイレに入るたびに、こっそりと様子を伺っていました。

最初は、「え、なんでこんなところに貼ってあるの!?」なんて言っていましたが、2回目以降、こんな声が。

あひる、いぬ、うきわ、えんぴつ、おにぎり・・・

ひらがな表に書いてあるひらがなの絵、例えば「あ」ならあひる、「い」ならいぬ。その絵を、声に出して読んでいます!

見てる見てる!こちらの思惑通り。長女よ、きみはなんて素直な子なんだ!

いつの間にか覚えてた!

それからというもの、トイレに入るたびにひらがなを読んでいるであろう声が。夢中になりすぎると、なかなかトイレから出てこないので、「大丈夫?」と覗きに行くこともありました(笑)

そして、気づけばいつの間にか、ひらがなを覚えていたのです・・・!

お風呂に貼るのもおすすめ

同様の理由から、お風呂に貼るのもおすすめです。

100均で売ってる、浴室の壁に貼れるひらがな表を貼っていたら、いつの間にか覚えてた!

というママ友の体験談もあるので、効果あるかも!

絵本の読み聞かせも効果絶大

絵本は、ひらがなを覚えるには最適なツール。絵本を読めば、自然にひらがなが目に入ってきます。

また、読んでもらうことで耳から言葉を聞き 、同時にその言葉を目で読み取ることで、自然とひらがなを理解していくことができます。

\絵本の読み聞かせがもたらす効果!/

www.sachikopan.com

 ひらがなの「書き」おさえておきたいポイント

ひらがなの「読み」ができるようになったら、次は「書き」ですね。

正しくひらがなを書くためには、いくつかの工程があります。

  • 正しい姿勢と鉛筆の持ち方を身に付けること。
  • 直線や曲線を書く練習をして、スムーズに鉛筆を動かすこと。
  • しっかりとした筆圧で書くこと。
  • 正しい書き順や字のバランスを覚えること。

いろいろと挙がりましたが、ここでは難しい話はひとまず置いておいて、一番大切なことだけ。

ひらがなを書けるようにするためには、書く練習を積み重ねること。けれど、これも本人のやる気次第。無理矢理やらせても続かないし、逆効果の場合も。

現在、年中組の長女。ひらがなを書き始めたのは、ちょうど半年前、年中組の夏。最初は全くひらがなが書けませんでしたが、今では文章を書けるようになってきました。試行錯誤の末、長女が楽しみながら行ってきた練習方法をご紹介します。

きっかけはお友だちからの手紙

幼稚園や保育園で、お友だちからお手紙をもらって帰ってくること、ありませんか?

長女もよくお手紙をもらって帰ってくるのですが、お手紙の中にひらがなで「だいすき」と書いてくれたお友だちがいたんです。

えっ、もうひらがなが書けるんだ!すごい!

と驚いたことを覚えています。

当時ひらがなを読めるようになってはいたものの、書くことにはあまり興味を示していなかった長女。けれど、その手紙をもらって、自分も何か文字を書きたい!と刺激を受けたようでした。

手紙を書くことで、少しずつ書けるように!

書きたい!という意欲が湧けば、あとは早いです。ひらがな表を見ながら、一生懸命ひと文字ひと文字書いていきます。

書き順はめちゃくちゃだったけど、まずは書きたいという意思を尊重させてあげたかったので、このときは目をつむりました。

ボードを使ってメッセージのやり取り

そのうちに、お友だちにだけでなく、私にもたくさんのお手紙を書いてくれるようになりました。

そこで思いついたのが、メッセージのやり取りをしながらひらがなの練習をしていくというもの。1回1回紙に書いていると膨大な紙の量になってしまうので、家にあったこれを使いました。

書いて消してがすぐできる、お絵描きボード。

  • これに、例えば「すきなたべものはなんですか?」と書いて長女に渡します。すると長女は「いちご」と書いて持ってきます。あとはこの繰り返し。
  • 慣れてくると、最初は質問に答えるだけだったのが、「どんないろがすき」「なにしてるの」など、逆に質問をしてくるようになりました。

やり取りをする中で、いつの間にか、ひらがなどころか文章を書く練習もできていたのです!

はい♪あとで読んで、お返事書いてね!

メッセージのやり取りが楽しいようで、自分からもどんどん書いて持ってきてくれるようになりました。

ひらがなを書き始めた頃くれた手紙と、最近くれた手紙。

f:id:sachikopan:20200213011748j:plain
なぜか私の呼び方が「おかあさん」から「まま」へと変わっていますが・・・(;^_^A

約半年間。比べてみると、成長が分かりますね。

周りと比べる必要なんてない

上記のことはもうやっているのに、それでも興味を持たない。覚えようとしない。そんなお子さんもいるかと思います。けれど、それでいいんです。みんな同じなんてことはあり得ないのですから。

焦らず、じっくり。これは子育て全般にも言えることかもしれません。

我が子のことになるとつい焦ったり、心配になってしまうのが親心ですが、大きな心で見守ってあげたいですね。

今回の記事のまとめ!

  • 子どもは、自分が興味を持っていないものには全く関心を持たないので、無理矢理やらせるのは意味がない
  • ひらがな表は、毎日必ず目にするところに貼ると効果的
  • 絵本の読み聞かせも、効果絶大
  • きっかけがあれば、覚えるのも上達も早い。お手紙作戦は本当におすすめです!
  • 覚えるスピード、時期には個人差が。周りと比べる必要はないので、焦らず、その子のペースを見守って。

ひらがなに興味を持ったら・・・

\しまじろうと一緒に楽しく学ぼう/

\資料請求はこちらから/

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました