幼稚園や保育園の先生に贈りたいおすすめプレゼント!

f:id:sachikopan:20200205020112j:plain

我が家へようこそ。さちこです。

2月に入り、あっと言う間に年度末が近づいてきました。

長女の年中組での生活も、残すところあと1か月半。

思い返せば、年少のときは別れ際に「お母さんがいい」と毎朝のように泣いていた長女でしたが、年中になると少しずつ幼稚園の楽しさに気づき、泣かずにバイバイができるようになりました。

f:id:sachikopan:20200205020759p:plain
あー、早く幼稚園に行きたいなー!

今では、連休などでお休みが続くと、こんなことを言うようにまで。入園当初には考えられなかったこのセリフ、親としては嬉しい限りです。

そんな風に園生活が楽しめるようになったのも、幼稚園の先生方のおかげ。

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain
自分が先生として働いていたときは分かりませんでしたが、いざ保護者の立場になってみると、先生ってこんなにありがたい存在だったのだな、と感じています。

さて、1年間お世話になった担任の先生へ、お礼の気持ちを込めて贈り物をする という方も多いのでは?クラス委員さんが中心となり、1人数百円ずつお金を集めてクラス全体からプレゼントを渡すというのが主流かと思います。

f:id:sachikopan:20200202225804p:plain
けど、幼稚園や保育園の先生って、どんなものをもらったら嬉しいんだろう・・・

そんな悩めるクラス委員さん、必見!幼稚園や保育園の先生へのおすすめプレゼントをご紹介します!

抑えるべきポイントはここ!  

プライベートで使うものではなく、保育現場で使えるものを贈ろう!

幼稚園や保育園の先生へのプレゼント選びのポイント

先ほどお伝えしたように、プライベートで使うものよりは、幼稚園や保育園で保育中に使えるようなものを贈ること がおすすめ。その理由は2つ。

  1. 仕事中もプレゼントを使うたびに思い出してもらえるから
  2. 先生のプライベートの姿は私たちには分からないから

保育中、使うたびに思い出してもらえる!

1年間お世話になった先生。4月からはまた新しいクラスの担任として、1年が始まります。仕方のないことですが、今まで我が子を見ていてくれた先生が、違うクラスの子たちを見ている姿はなんだかちょっぴり寂しい気も。そんなとき、自分たちが贈ったプレゼントを使うことで子どもたちのことを思い出してくれたら嬉しい ですね。

プライベートの好みまでは分からない

普段私たちが接している幼稚園や保育園の先生は、先生としての顔。よくよく考えたら、私たちは先生たちの私服も知らないし、プライベートの顔もほとんど知りません。

プレゼントを贈るときって、相手の好みや趣味を考えてプレゼントを選びますよね。

先生のプライベートまでよく知っていて、好みも把握してるから大丈夫!という方なら問題ないかもしれませんが、それ以外は、プライベートなものは避け、実践的なものを贈ったほうが、喜ばれるのではないでしょうか。

幼稚園や保育園の先生に贈りたいおすすめプレゼント

ここからが本題。実際に幼稚園で働いていたときにいただいた贈り物や、こんなものをもらったら嬉しいな、というものをリストアップしてみました。

  • エプロン、靴下など身に付けるもの
  • ボールペン、ペンケース、メモ帳、はさみなどの文具類
  • 印鑑(シャチハタ)
  • ハンドタオルなどのタオル類
  • カップカバー付マグ
  • 色紙、アルバムなどの手作りのプレゼント
f:id:sachikopan:20200202225934p:plain

いかがでしょう?ピンとくるものはありましたか?

ひとつひとつ、詳しくご紹介していきますね!

エプロン、靴下など身に付けるもの

幼稚園や保育園の先生=エプロンのイメージ がありますね。普段どんなエプロンをつけているかを参考にしながら選んでみては。着るたびに思い出してもらえそうですね♪靴下も、かわいい柄やキャラクターものなどを選ぶと喜ばれることでしょう。

エプロンを探すならエプロン専門店「JOKER」というショップがおすすめ。ディズニーをはじめ、サンリオ、ミッフィー、ジブリ、ミニオン、アンパンマン・・・、本当にたくさんのキャラクターのエプロンが揃っているので、きっとお好みのキャラクターが見つかるはず!

\新作のエプロンもいっぱい!/

エプロンを探してみる

ボールペン、ペンケース、メモ帳、はさみなどの文具

おたより帳や書類など、書く作業がとにかく多い先生。ボールペンは何本あっても重宝します 。かわいいキャラクターのデザインのものであれば、泣いている子どもの気を引くのにも使えて喜ばれそう。

\こんな感じのイメージです/

メモ帳は、書きたいときにさっと書けるよう、エプロンのポケットに入る小さめサイズを。はさみは先生のマストアイテム!切りやすいものを選んで、手が疲れずに作業をしてもらいたいですね。

印鑑(シャチハタ)

おたより帳や書類など、幼稚園や保育園の先生って意外と印鑑(シャチハタ)を使う頻度が高いんです。100円ショップで売っているものなどを使っている先生がほとんどでしょうから、かわいいデザインの印鑑(シャチハタ)をプレゼントされたら、喜ばれるのではないでしょうか。私だったらとっても嬉しい!

\さちこのイチオシ!!/

ハンドタオルなどのタオル類

こちらも定番中の定番。汗をかいたり、手を拭いたり、タオルは何枚あっても重宝しますよね。イニシャル刺繍付きで、特別感をアップさせてみませんか?

\先生たちにお揃いでプレゼント♪/

カップカバー付マグ

休憩を取るヒマなく、慌ただしく過ぎていく保育現場。子どもたちの降園後やお昼寝中のほんの少しの時間が、唯一ホッと一息つける瞬間です。そんなときに使ってほしいマグカップ。

けれど次から次へやることがあり、本当に忙しい先生たち。飲みかけのお茶やコーヒーが冷めないように、カップカバーもあると大活躍してくれそうですね。

\ほこり防止にも!/

色紙、アルバムなどの手作りのプレゼント

どんなものでも、保護者の方からいただけるプレゼントはありがたく、とても嬉しいものです。その中で、やっぱりこれは特別でした。

みんなで協力して作ってくれたということも嬉しかったですし、1年間のいろいろな出来事が思い起こされて、とても感慨深くなりました

f:id:sachikopan:20200202225934p:plain
園によっては物品の贈り物がNGという場合もあります。そのような場合に手作りアルバムを贈るのもいいですね。

まとめ

保護者が担任の先生に1年間の感謝の気持ちを抱くのと同じように、実は担任の先生もまた、保護者に感謝の気持ちを抱いています。

  • 1年間、保育方針に賛同いただき、クラス運営にご理解ご協力いただけたこと。
  • 至らない点もたくさんあったはずの自分を、温かく見守ってもらえたこと。

だから、感謝の気持ちを伝えてもらえるだけで、「1年間がんばってきてよかった!」と思えます。贈り物なんていらないくらい。

今回の記事のまとめ  

まずは感謝の気持ちを伝えることが大切 。写真やメッセージをまとめた手作りアルバムに、ちょっとした贈り物を添える、これがベストです!

いかがでしたか?1年間の最後の締めくくり。喜ぶ先生の顔が見られるといいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました